セックスも今はネットの時代

昔はセックスをしたいと思ったら、恋人を作るという選択肢以外では、ナンパや合コンをしてお持ち帰りをしたり、あるいはテレクラを利用したアポを取ったりするのが一般的でした。

一方で今の時代は、もちろん上記の方法も用されていますが、それよりも主流になっているのがネットの存在なのです。
つまり、今はセックスに関してもネットの時代だと言えるのです。

簡単に言えば、ネットでセフレ募集サイトや掲示板などを活用し、そこでセックスができる相手を探すのです。
良さそうな相手を見つければ、メールでアプローチをして返信を待つのです。

もし返信をもらえれば、あとはセックスをするために交渉ややり取りをするだけです。
アポを取ることができれば、約束の日時に会ってセックスをするわけです。

昔は、パソコンも携帯もほとんど普及していなかったので、こういった方法でセックスをする人は皆無でした。
しかし今は、ほとんどの人が携帯やパソコンを持っていますし、ネットの使用率も90%を超えると言われています。

ですから、何もセックスだけに限ったことだけでなく、何をやるにしてもネットがメインツールになるケースはいくらでもあるのです。
ショッピング、情報収集、日記、音楽、ゲーム、それらもネットでの利用がメインという人はたくさんいるのです。

だからこそ、ネットでセックスの相手を探すという行為も、時代の流れと言ってしまえばそれまでですし、今の時代ではそれが当たり前のことかもしれないのです。

それをどう思うかは人それぞれですし、昔と今のどちらが正しいというわけでもないのです。

◆パパ募集もネットの時代です◆
https://xn--eck7a6c7aa0193g.net/